中小企業 生産性 低い 理由 5

・給料体系 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); コストダウンが限界を迎えた中小企業が生産性を高めるには、売上アップを狙う必要があります。売上アップを狙う方法は、価格アップ、もしくは販売数アップです。, 価格決定力が無い理由は、他の会社からも購入できるからです。「その価格なら他の会社から購入するからいいよ」となるからです。, もしくは、競合企業が一つに合併すれば、買い手は他の会社から購入できなくなるので、価格決定力が高まります。, 大量生産、大量販売できると生産性が高まります。生産性アップに中小企業の再編を促そうとする理由です。, 中小企業単独で生産性を高めるには、他の会社にマネのされない価値の高い商品を開発して、価格決定力を高めるしかありません。, 補助金などの支援で、本来ならつぶれてもおかしくない会社を守ってきたのも長寿企業が多い理由かもしれません。, 生産性の低い中小企業を無くしてしまった方がベンチャー企業が成長しやすいのではないかと、既存の中小企業の不要論がでてきました。, 中小企業不要論を跳ね返すには、中小企業みずから、生産性を高くできると証明しなければなりません。, 生産性の低い中小企業が小手先で改善しようとしても、生産性は高くできません。なぜなら、他の中小企業が同じレベルで改善したら、相対的に改善度はゼロになるからです。, 日本企業は、バブル崩壊後以降、ずっと生産性が低迷しています。アベノミクスなど、さまざまな施策を投入しても効果が上がりません。, 「生産性の低い会社を消せば、新陳代謝が起こって日本全体の生産性が高まるのでは」との考え方が起きています。, 生産性を高める方法は、コストダウンと売上アップです。大企業が生産性高める方法として、コストダウンしかとれないから、その影響が日本全体に波及しています。, 大企業が価格勝負でしか売れない商品・サービスしか開発しないから、中小企業に価格下落圧力をかけるのです。, コストダウンが限界にきているのに価格を上げられない中小企業の生産性が低迷しているのです。, 大企業に世界シェアの取れる競争力のある商品、サービスを開発してもらわない限り、生産性を高められません。, 実際、日本製品の世界シェア、競争力は減少傾向です。人口減少傾向にある日本でしか売れない商品を作っていたら、その傾向はますます強くなるでしょう。, 大企業にイノベーションを起こしてもらう必要がありますが、バブル崩壊後以降、ほとんど何もできていない大企業にはあまり期待できません。. 日本の名目GDPは4兆8732億ドルとなっていて、アメリカ、中国に次いで世界第3位です。, これだけ見ると、日本は非常に生産性の高い国のように見えます。しかし、実際にはそうではないのです。, それは、「労働生産性」を見ると分かります。これは、簡単に言うと仕事の効率性を表すものです。この労働生産性では、日本はなんと主要先進国の中でワースト1位なのです。, 1時間あたりの労働生産性は、日本は47.5ドルです。1位のアメリカはなんと75ドルと相当の開きがあります。, 日本のビジネスマンが、疲れていて精神的にもストレスが大きいというのも、この労働生産性が関係しているのです。, どうして日本企業の労働生産性はこんなにも低いのでしょうか?そして、どうしたら改善できるのでしょうか?, 企業にとって欠かすことができないのが、労働生産性についての理解を深め、実際のデータを基にして改善を図っていくことです。, 労働生産性は、分かりやすく言うと、時間あたり、もしくは労働者1人あたりどのくらいの生産ができるかという効率を表すものです。, 労働生産性におけるアウトプットとは、労働をすることによって得られた成果のことです。これは業務によって何を成果と言うかが異なることがあり、それぞれの分野で計算することができます。, 分かりやすいのは製造業で、いくつの製品を作ることができたかということを単純に数えることができます。営業であれば、成約件数を数えることができるでしょう。, 音楽業界であれば、CD販売やダウンロード本数が成果となります。また、サービス業であれば、来客数や利用時間などが対象となります。, どの業界でも、最終的にはその成果によって得られた報酬、つまり販売額をアウトプットとして計算することもできます。, インプットは、労働投入量となります。これは基本的に、一つのプロジェクトあたりの従業員数や、時間あたりの労働量となります。, たとえば、製造工場であれば、製品一つを作るために、どのくらいの従業員がかかっているかをカウントすることができます。, こうして、アウトプット/インプットという計算をすることによって、一つの製品を作るために、どのくらいの労働者が必要となるか、もしくは1時間あたりにどのくらいの労働量が必要となっているかが分かります。, 製造業であれば、この労働生産性を工場ごと、もしくはラインごとに計算することによって、効率が良いところ、逆に効率が悪いところを一目で把握できるようになります。, しかし、実際には業界によって何をもって成果と言えるのかが変わってくることもありますので、それだけでは正確に効率を把握できないこともあります。, そこで、より具体的に労働生産性を見るために、二つの労働生産性の種類に分けて考えることができます。それが、「物的労働生産性」と「付加価値労働生産性」です。, 物的労働生産性とは、労働の成果が製品やお金そのものとなっている業務で適用されるものです。, 具体的には、工場での食品や工業製品などの生産、音楽や動画の販売、農作物の栽培などです。, 物的労働生産性のアウトプットは製品、お金そのものですので、計算はとても楽です。以下のようになります。 労働生産性が低い理由. 日本では企業の98%を占める中小企業の労働生産性が低く、日本経済全体の足を引っ張っているといわれます。宿泊業でも94%が資本金5,000万円未満の中小企業です。さらに全体の60%と過半数を占めるのが資本金1,000万円未満の小規模事業者で、1万3千社もあります。そして、その1万3千社全体のバランスシート(法人企業統計調査)をみると、1,755億円の債務超過です。つまり、全財産を売り払っても返済ができない状況です。 〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21 ちよだプラットフォームスクウェア1606. ・仕事そのものについての見方 その原因としては、日本独特の労働に関する考え方、習慣が影響していることが分かります。, 日本人に染みついている考え方ですので、なかなかそれを変化させることは難しいですが、改善を図っていくことで徐々に改善されていくことでしょう。 5月20日の日本経済新聞では、中小企業に500億円の資本注入をすると報道されていましたが、宿泊業の小規模事業者の超過債務1,755億円と比較しても、よほどのレバレッジを効かせない限り、それは小さな数字にしか聞こえません。それだけ、日本の小規模事業者(宿泊業でいえば旅館)は過剰債務を抱えているのです。, さて、労働生産性が低いといわれる理由に「利益ゼロ+給与が低い=雇用を生まずによい経営ができていない」と指摘されることがあり、たしかに利益ゼロや低い給与はその通りではありますが、それには事情があります。 ・企業の働き方に関する悪い習慣 株主の出資を得て企業をまわす大企業であれば、社長は「雇われ」ですから、そんなものは要りません。もちろん株主圧力があり、それなりに苦労は多いと思いますが、個人の財産を取られる恐怖はありません。 https://www.jpc-net.jp/research/list/comparison.html. ・完成した製品の数/労働者数もしくは労働量, ということになり、1人あたり(もしくは時間あたり)いくつの製品を製造できたか、1人当たり(もしくは時間あたり)いくら売ることができたかということが数値結果となります。, 広告効果など、はっきりと目に見えないものもあるので、物的労働生産性よりも可視化しづらいこともあります。, しかし、おおまかに言って、企業が出す粗利益に近いものだと考えると計算しやすくなります。, まず、付加価値の計算をすることから始めます。これは、以下の計算で求めることができます。, いろいろな計算式が存在していますが、日本ではこの方法で計算されることが多いので、他の企業との比較がしやすいというメリットがあります。, 日本人は働き者のイメージがありますし、実際に経済大国として世界中に知られています。, 日本の1時間あたりの労働生産性は、47.5米ドルとなっています。これは、他の国と比べるとかなり低いもので、いわゆる主要先進国との比較では最下位という結果になっています。, 一番労働生産性が高いのはアメリカで72ドルです。2位はドイツで69.8ドルとなっています。, 分かりやすく言うと、効率の悪い仕事の仕方をしている、長く働いているだけで無駄な作業が多いということです。, こうした労働生産性の低さは、日本人の働き方にも表れています。日本人はとにかく労働時間が長いということです。, 労働生産性の高いドイツでは、年間平均労働時間は1,363時間という結果が出ています。実に370時間程度の差があることになります。, 労働生産性が低いということは、企業にとっても労働者にとっても大きな負荷がかかることを意味します。, 日本企業は特に時間制で給料を計算していますので、当然のことそれほど生産量がなくても、働いた時間が長い分余計に給料を支払うことになります。それだけ、無駄な資金を投入しないといけないのです。, 労働者も、ダラダラと長く仕事をすることになります。休息や家族のために充てる時間が少なくなりますので、体力的にも精神的にも疲労、ストレスが溜まっていくことになります。, そして、さらに生産性が落ちていくという負のスパイラルにはまっていくことになるのです。, こうした日本企業の問題を解決するためには、まずその原因を探る必要があります。主なものとしては、 日本は、地方の小さな資本に土地を担保として地域金融がお金を貸出し、地域まんべんなく経済成長を遂げてきました。その頃は人口が増加し、自動的に経済が成長していた時代でもあったという背景もあります。そうした日本経済も1995年前後から生産年齢人口が減り始め、世界に先駆けて人口が減少してきました。そもそもは、そうした時代になったことを認め、様々な仕組みを変えていかなくてはいけないのですが、それが十分ではないのです。過剰債務は人口増加を前提として借り入れた頃の名残です。 それ以前から、中小企業不要論などもネットニュースでよく見かけました。日本企業が生産性低いのは、中小企業が足を引っ張っているからだという主張です。, 大企業は商品、サービスの価値を高められないので、コストダウンで生産性を高めようとします。, コストダウンに、値下げ圧力をかけるから、中小企業の生産性が低くなるのです。おそらく携帯電話料金の値下げも、非正規社員の増加や中小企業の収益悪化につながるでしょう。, デービッド・アトキンソン氏の中小企業不要論、菅政権の中小企業再編の話など、中小企業の存在が問題視するニュースが多くなってきました。, 公益財団法人日本生産性本部が発表した労働生産性の国際比較によると次のようになっています。, (参考:公益財団法人日本生産性本部「労働生産性の国際比較」:https://www.jpc-net.jp/research/list/comparison.html), 先進7か国で比較すると、日本の生産性は最下位の状態が続いています。生産性はアベノミクスで景気回復期でも、改善しませんでした。, 大部分を占める中小企業が足を引っ張っているという考え方が中小企業不要論、中小企業再編の主張へとつながっています。, 生産性を高めるのに必要なのが価格アップですが、大企業による値下げ要求によって価格を上げられません。, 日本のGDPの多くを占める個人消費が増えないのも、大企業が内部留保を優先し賃金をアップしないからです。個人消費が増えないから企業の売上が上がらない。, 企業の売上が上がらないから、コストダウン圧力が強くなる。コストダウン圧力が強いから、中小企業は価格をたたかれる。, だから中小企業の生産性が低くなる。そして、中小企業はさらに人件費をコストダウンするので、良い人材が集まらず生産性が低下する。, 日本企業の生産性が低い原因は、大企業が非正規雇用を増やすなど、賃金を上げないからともいえます。, 国は、強制的に可処分所得を増やそうと最低賃金アップや同一労働同一賃金、携帯電話料金の値下げに動いているのです。, 景気が悪くなっている中、消費税増税して消費を抑制するなど、政策に矛盾を感じますが。, 大企業が生産性を高めるのに人件費を低く抑えようとするのは何故なのか?も突き詰める必要もありますが、ここでは中小企業に注目します。, もちろん生産性の高い中小企業も存在します。約400万社の中小企業、全体でみれば、生産性が低いです。, 製品や材料を仕入れる場合、大量仕入れができるほど、コスト単価は低くできます。生産も、生産量を大きくして、大量生産できるほど、単価を低く抑えられます。, 材料の調達から、商品の販売までの川上から川下までの、どこまでカバーしているかによって、中間マージンがとられず生産性を高められます。, また、食料品や書籍、文房具、チケット販売を別々の店舗で行うよりも、コンビニエンスストアのように一つの店舗で販売した方が場所を有効活用して生産性を高められます。, 範囲の経済性は、範囲が広いビジネスを行っている企業ほど、生産性を高いという考え方です。, 中小企業は一般的に、大企業よりも賃金や福利厚生が低いです。経営の安定性も中小企業の方が低いです。. 大企業と中小企業の労働生産性の違い . 結果としては、企業の経営体力を上げることになりますし、労働者一人一人のストレス軽減にもつながるものです。, 業界によって何をもって成果と言えるのかが変わってくることもありますので、それだけでは正確に効率を把握できない, より長く働いた人の方が、より効率よく短時間で働く人よりもお金を稼げるという下地がある, 一つの仕事に集中し、自分のやるべき業務を効率よく終わらせることができるため、労働生産性は上がる, 労働生産性が下がってしまう原因の一つとしては、様々な業務に労働人員が分散してしまうこと. 個人保証があるために、経営者は役員報酬を金融機関に預金をしたり、いざという時に換金しやすい高級車を買ったり、資産を増やして保証に備えなくてはいけません。もちろん返済をした上で、少しでも給与を上げたいし、利益も出して国に貢献したいと思っていると思います。しかし、不動産価値も目減りしている昨今、少しでも個人の預金が資産として必要なのです。しかし、個人の預金は企業のバランスシートでは見えません。ただその実情は、金融機関はわかっているはずで見守っていると思います。, 「利益ゼロ+低い給与×少ない雇用者」では企業の労働生産性はどうしても低くなります。デジタル化を進めたいのですが、経営者は高齢のまま、内部留保も少なく、後継者もいないでは、なかなか先に進みません。なぜ日本では(韓国もそうですが)ちょうど経営者くらいの年齢の高齢男性の自殺者が多いのか。生命保険には免責事項はありますが、一定年数が経てばはずれる事実はタブー視されています。受取人を債権者に指定された保険に入らされる現実を知れば知るほど、日本で起業してがんばろうという若者が出てこないことも合点がいくのではないでしょうか。優秀な若者は皆、海外に出ていきます。, 中小企業経営者が一生懸命貯めている預金も、金融機関を通じて投資家経由大企業に還流し、その内部留保になっていると思うと、中小企業が踏み台となり、大企業がまわっている構図が見えてきます。中小企業に還流させたくとも、債務超過や利益ゼロでは借り手がなく、取り残されていきます。

北海道 11月 グルメ, ヤフオク 評価しない 落札者, キャミ ワンピ 型紙 大人, メリオダス エリザベス 結婚, 歴史クイズ 簡単 小学生, インデザイン 画像 フレーム 変形,