第3次スーパーロボット大戦 sfc チート 5

前大戦でビアン博士の危惧した通り、後にインスペクターと称される異星人による地球侵攻が勃発、それにDC残党も交えた三つ巴の戦いを描いている。, 多くの面において今のスパロボシリーズの礎を作り上げたともいえる作品であり、ビジュアル面での「キャラゲー」「魅せゲー」としての地位を確立した功績は大きい。 スーパーファミコン版 第3次スーパーロボット大戦の攻略サイト サイト概要 当サイトは1993年7月23日にバンプレストより発売されたスーパーファミコン用ソフト「第3次スーパーロボット大戦」の攻略サイ … 現在約-人が見ています。 PS版第4次スーパーロボット大戦S ラー・カイラム 移動-3004899b-00xx (移動タイプ) 地形-8004899C-xxxx 装甲-3004899E-00xx (入力した値の10倍が装甲値) HP---800489A2-xxxx . 『機動戦士ガンダム』第1話に登場した敵パイロットのデニム、ジーン、スレンダーが、本作の第1面で揃って登場するが、戦闘開始前に撤退してしまう為、戦う事はできない。, 彼は、スパロボ旧シリーズでは本作のみの登場であり、後の『コンプリートボックス』版でも, パッケージではガルーダ・暗黒大将軍・シャーキンと共にサザビーがさも敵の幹部のように描かれているが、実際には味方専用の隠しユニットであり敵としては登場しない。, 因みに他の3人も出番は各1面のみ。特に暗黒大将軍はルート次第では出会う事なく終わる。, クェス専用ヤクトドーガが登場するが、クェスが隠しキャラ扱いのためか、なぜかプルツー加入時に入手でき、プルツーが「あたしのヤクトドーガだよ」と発言する。, 同年に獲得資金増の調整を施した単品版も発売された。2011年にはゲームアーカイブスでも配信。. 939 名無しさん@お腹いっぱい。 2020/02/27(木) 20:02:41.67 ID:uEHDSbiQ >>937 いやよく頑張った 気持ちは伝わっただろうさ さて解散 . スーパーロボット大戦64 . sfc sdガンダムジェネレーション スーパーロボット大戦ex 第3次スーパーロボット大戦 第4次スーパーロボット大戦 ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 ファイアーエムブレム トラキア776 ファイアーエムブレム 紋章の謎 魔装機神 the load of elemental. 更にシナリオの分岐等で何度でも楽しめる様に初心者~上級者の多数の配慮も見せた名作。 同じく『ライディーン』の敵キャラ・ドローメは、原作と違い紫色ではなく薄緑色で、『第4次』『新』でも変わらず。恐らく『聖戦士ダンバイン』に登場する「ドロ」と混同されたと思われる。やはり単なる原作の資料不足だろうか? プレイステーション移植版は『スーパーロボット大戦コンプリートボックス』を参照。, 『スーパーロボット大戦』シリーズの3作目にあたり、スパロボの基礎を築いた『第2次』からストーリーの繋がる続編である。 更新順にページ一覧表示 | 作成順にページ一覧表示 | ページ名順にページ一覧表示 |, 合計 - 同時に、初心者お断りではない絶妙かつやりごたえのあるゲームバランスと、簡便なクイックセーブ+いわゆる全滅プレイ(による自主的な難易度コントロール)の完備は、原型たるウォー・シミュレーションのコア性のくびきからシミュレーションRPGを脱却させる節目にもなった。 !」と自虐ネタにされた。, グレンダイザーと合体できるドリルスペイザーとマリンスペイザーは、登場が遅い上、入手直後に舞台が宇宙になる為、ほぼ使い道がない。, スレッガー・ロウもルート&条件次第で原作再現の戦死イベントにより離脱する。更に付け加えるとこのスレッガー戦死イベントを起こしてシナリオクリアしても艦長であるブライトの台詞にはスレッガーのスの字もない。もう1人の戦死者であるムサシが死亡(こちらは強制で戦死する)した場合は残念そうな発言をするのに対し、この扱いの差は何なのか…。, 被弾時はビームが当たった痕跡が機体に表示→全てのファンネルが攻撃後爆発という流れなのだがビームの跡がかなり小さく、回避時も攻撃対象側が全く動かないためヒットかミスかがパッと見ではわかりづらくなってしまっている。, ファンネルが攻撃対象を円状に取り囲み線状のビームを連発するという演出のため、回避時の表現が困難になり苦肉の策にも感じられる。, 開始時の出撃ユニットに制限があるマップで、残りのメンバーが出撃可能になるターンになる前にクリアすると、, この他にも、登場前にクリアすると仲間にならないパイロットやユニットがいるが、いずれも加入しなければストーリーが成立しないようなキャラではないので、仕様の可能性が高い。, 上述の通り、本作のサブパイロットは精神コマンドを行使できないが、唯一、ゲッターロボのみ変形することで3人分の精神を使用可能、これによりゲッターがゲームを通してズバ抜けて強力なエース的存在である。, メインとサブのレベルに差がある場合、メインパイロットのレベルでサブパイロットの入手経験値も計算されてしまう。, この影響、というより恩恵を受けるのはまたしてもゲッターロボ。シナリオ後半でゲッターGに乗り換える際、弁慶が低レベルで加入するのだが、その時点での敵とのレベル差が相当あるため、弁慶をメインにして敵を倒すと既に高レベルの竜馬と隼人にも莫大な経験値が入ってしまう。結果、弁慶のレベルが他のパイロットに追いつく頃には竜馬と隼人は他の追随を許さないレベルになってしまい、上記の3人分の精神コマンドと合わせ、ゲッターロボ1強といってもいい状況が出来上がる。, このメインとサブのレベル差を利用した無茶なレベルアップはスーパーガンダム(mk-II+Gディフェンサー)とグレンダイザー(グレンダイザー+各種スペイザー)でも可能。メインが乗り換え出来ないグレンダイザーはともかく、スーパーガンダムはガンダム系パイロットなら乗り換えを駆使すれば相当高レベルパイロットを量産可能。問題はGディフェンサーが入手し辛い点。, 当時の攻略本等で過度に騒がれたためか、次回作以降ではこの仕様は無くなる(入手経験値はパイロットごとに個別となる)。, 経験値と獲得資金両方が2倍になるのに、わずか20ポイントしか消費しない。本作の精神コマンドの消費ポイントは全体的に高めに設定されており、幸運だけが異常に消費が低く、乱用できてしまう。これを習得するだけでスタメン候補に名が上がるほど。, 基本的には、戦闘能力が低めのキャラが習得することが多いが、強いキャラの中にも習得できるものがいるのが問題。その代表格はやはりここでもゲッターロボ。, 前作でもサイフラッシュが強力すぎるきらいがあったが、本作ではさらにマップ兵器ゲーに磨きがかかっている。, 百式のメガバズーカランチャーとZZのハイメガキャノンは、ガンダム系のキャラの武器の中でも一二を争う威力を誇る。メガバズーカランチャーは3×9という異常な広範囲、ハイメガキャノンは命中率がファンネル級に高い。, 前作から引き続きサイフラッシュも非常に有用で、サイバスターは前作ほど虚弱でもないので、十分前線に耐えられる。MAP兵器を搭載したユニットは、それだけでほぼスタメンを確約されているほど強力無比。, 本作の補給装置は気力が5しか下がらないし、「気合」の効果も高いので、連発するのもさほど難しくない。, 本作からオリジナル主人公が登場する案もあったが、阪田氏の作業量が増大するため没になった。, なお『EX』のインタビューでは、『第3次』の主人公は、マジンガー、ゲッター、ガンダムと答えている。, 次作『EX』ではマサキ・リューネ・シュウがそれぞれ主人公であるストーリーとなり、『第4次』からはプレイヤーの分身である主人公が登場するようになった, 『第4次』では企画時点からオリジナル主人公8人を決定事項としていたため8人分の作業量でもスケジュールがなんとかなったとのこと。, そのためマサキがサイバスターの説明をする際「確かヒーロー戦記で…」と言う台詞があったり、一部ではヒーロー戦記のBGMが使われている。また敵モビルアーマーのグラフィックは『ヒーロー戦記』からの流用となっている。, 『コン・バトラーV』に登場したゲストメカであるガルガンチュワが、なぜか『ライディーン』のコープランダー隊用の乗機として登場する。, 一方で『コン・バトラーV』のガルーダは原作同様青い肌である。彼は宇宙人(に似せて作られたロボット)だからOKなのだろうか。. 今日 - ライトユーザーでも高難度のゲームをプレイしてみる事を勧めたりできる事、そしてコンプリートボックス版や『F』の準備運動用にプレイする事にも適した1作である。, *4 マニュアルに書かれていないが、本作のMAP兵器は無属性なためビーム吸収などで防がれることが無い。よってパイロットが二回行動可能になると移動→発射が同時に出来て便利かつ強力。またサイバスターの敵味方識別可・広範囲と使い勝手抜群のサイフラッシュは攻略の要。, *6 こちらは対象から遠く離れていても補給を行えるので非常に便利。習得するパイロットは桜野マリ等限られているので育成しておきたい。, *7 後述のメインとサブのレベル差を生かした無茶なレベルアップには使えなくもないが、ダブルスペイザーでやればいいのでやはり無駄, *8 ドリルスぺイザーは地中に潜れるのでルート次第では月面で奇襲をかけたり敵の動きを制御するのに使えるが、マリンスぺイザーは殆ど擁護が出来ない。, *9 前者は一応隠しキャラに等しい扱いではある。後者はゲーム進行次第で再び敵になる。, *11 次回作以降は球状の弾が発射されるようになり、ちゃんと回避動作も行われるようになった, *14 後の作品では、消費ポイントを上げられたり、効果が資金のみに弱体化されるなど調整されている, *17 本当は髪の色はピンク、肌も褐色に近い。「CGを参考にした場面が悪い」という説あり。ちなみにイリアが原作通りの外見になるのは2000年発売の『α』まで待つことになる。, 前作では地形適応、射程、威力しかパラメータがなかったが、今作で消費EN、弾数、必要気力等現在で使用されているパラメーターのほとんどが追加され、より武器の特徴が出るようになった。, 前作のショップは廃止されたが、資金を使ってユニットの「HP」「EN」「装甲」「限界反応」を伸ばすことが出来る様になった。「改造」というスパロボの基本システムの先駆けである。, パイロットのステータスとして「気力」が追加された。100が基本値で上限は200、気力を100で割った倍率が攻撃力と防御力に掛かる、またスーパーロボットの武器は気力が一定値以上でないと使用できないものが多い。, このシステムによって「同じ機体でも搭乗者のテンションで能力が上がる」、「最初は通常武器で牽制して終盤は必殺武器でトドメ」と言う様なロボットバトルの描写を再現する事に成功している。, 敵側にも再現されているので「いきなり最強武器を乱発されて全滅」と言う様な理不尽な展開を防ぐ役割もある。, 「気合」,「熱血」,「必中」,「閃き」,「加速」,「ド根性」,「幸運」,「補給」等現在まで通じる精神コマンドに近いラインナップが出揃い、また効果も現在のそれに近いものに整理された。, 武器の攻撃力+パイロットの攻撃力というシンプルなものであり、パイロットのレベルアップによって攻撃力が増大していく。この為、威力の低いバルカンでもパイロット次第で十分なダメージを与える。, パイロットを入れ替える「のりかえ」ができるようになった。同シリーズの機体(UCガンダムシリーズやマジンガーシリーズなど)であれば乗り換えが可能。, 一部のユニットを破棄することができるようになった。破棄した場合はそのユニットに設定された分の資金が手に入る。, 前作の再攻撃に代わり、パイロットが特定のLvに達すると2回行動が可能になった。敵にも設定されているので終盤の敵はほぼ全員が2回行動してくる。, プラットフォームがスーパーファミコンに移り、ROM容量の増大に伴い戦闘シーンの背景、ロボットの動きに見られる様にビジュアル面は大幅に進化。, ゲッターロボやコン・バトラーVの合体デモも拡大縮小機能をフルに使ったことで迫力満点になりファンを沸かせた。, 他にライディーンのゴッドバードなど小さいながらも初めてカットイン演出が入ったのは特筆点である。, BGMもSFCになってよりパワーアップ。版権・オリジナル共に良曲が多く、プレイヤーの気分を高めてくれる。, 前作ではタイトルBGMと同じ曲だったサイバスターは、本作から正式なテーマソングになり、後には「熱風!疾風!サイバスター」と曲名や歌詞も付いた。, 特に物語の最終盤で流れる「THE LAST JUDGMENT」「ARMAGEDDON」などは評価が高く、後のシリーズでもアレンジを施されて採用され続けていることが多い。, 残念なのは、ガンダム勢の曲は「さっそうたるシャア」のみ、マジンガー勢の曲は「マジンガーZ」, DC戦争後ザビ家が総帥となり、再組織化されたDC残党とロンドベルの争いの最中、地球侵攻を目論む異星人が争いに加わり三者三様の思惑が交錯する重厚な物語。, ロンドベルはどちらと手を組んでどちらと戦うかをプレイヤーの選択肢で選び、大まかに3つの分岐に別れるマルチシナリオシステム。分岐をひっくるめると全62話というボリュームの多さ。, 近年では大体共通ルートから部隊を分けて、いずれかのルートを通り、共通ルートに戻るシンプルな分岐パターンがおなじみだが、本作ではルート選択のほか、特定シナリオの通過や経過ターン数を条件にするなど分岐点やパターンが豊富で複雑になっている。, 前作では顔見せ程度の出番だったバンプレオリジナルの魔装機神もシナリオに食い込み、マサキとシュウの決着が描かれた。またヒロインのリューネが初登場(ただし加入は条件付き)した。, キャラ・スーンやアナベル・ガトーなどといった、原作では敵対していたパイロットを加入させることが可能。二者択一となっているが、ゲーマルクやノイエ・ジールなどの強力な機体と共に参入するうえに、パイロット本人の能力も高い。, セシリーや胡蝶鬼など、前作では期間限定のキャラも加入し、最後まで使えるようになった。さらに、シャアの専用機であるサザビーも、本作で初登場したうえに、味方機として使用できる。ただし、シャアはクワトロとしての参入になるため、乗り換える必要はある。, 基本的に「敵寄りのゲームバランス」であり味方ユニットの性能に比べて敵のスペックは圧倒的に高い。単なる雑魚敵でも性能的に上であり、有名なパイロットの乗るユニットとなるとHP、火力、射程、運動性あらゆる面でズバ抜けている。, 前半では敵パイロット、ユニットがいきなり強化される「うわさの破嵐万丈」、「宇宙へ」が有名な山場であり、終盤は高命中率を誇るファンネル持ちやボス級のMAを大量に投入してくるシナリオが目白押しである。, 中でも中盤から登場する四天王は驚異的なスペックと共に専用曲「Violent Battle」が恐怖感を醸し出している。, プレイヤーはその様な状況で敵の次ターンにおける行動や射程を読み、有効な精神コマンドを駆使すれば必ず突破出来る絶妙なバランスであり、ステージを乗り越えた時の達成感もそなわっている。, 今作では表向きの最終面である「ラスト・バトル」までの総ターン数が419以内でクリア時にグランゾンを出撃させていると、味方のグランゾンがネオ・グランゾンになって敵として立ちはだかる。, SFC版は普通にプレイしていれば条件を満たすのは容易。コンプリートボックスでは条件がやや厳しくなった。, 敵はネオ・グランゾン及びヴァルシオンが2体。圧倒的なのは1600を誇る装甲、高いHP、縮退砲、MAP兵器のビッグバンウェーブであり、また多数の敵相手に気力を稼ぐという定石も使えない中如何にして高い気力を確保するかが問題になる。, 今なお、スパロボシリーズでも最強クラスのボスと謡われており、古参からのスパロボファンの間ではカリスマ的存在である。, 以降の作品でもネオ・グランゾンは幾度か登場してきているが、後作になるにつれて弱体化していくことになる。, 敵に攻撃された時は後のシリーズの様な反撃命令が無く、大まかな「命令」に沿ってAIが反撃、防御(受けるダメージ半減)、回避(被弾確率を半減)を選択する。, AIの選択は大層アバウトで防御が一定値に達していないユニットは大抵回避を選択する。例え、回避を選択しても敵の攻撃が100%命中する状況でも。, 最大の難点がブライト+戦艦で、防御が低い(に加えて第3次の戦艦は改造出来ない仕様)のでほぼ回避を選択してしまう。, 反撃する時もとにかく威力と命中率の大きい武器を選ぶので、ENを大量に消費する武器でも平気で浪費する。, またHPが規定値でないと範囲外からの攻撃でも反撃を選択してしまうため、余計なダメージを受けてしまうことも。, 命中回避に不安が残っていてもそのまま攻撃するしかない。あらかじめ予測を立てながら事前に精神コマンドを使っていく必要がある。うっかり操作ミスをした場合は悲惨なことに。, マジンガーZ、GP01は、ゲーム中にパワーアップが行われるが、実際は「別ユニットに交換」という扱いになっている為、, 次作以降では、これらの中途強化ユニット以外でも、ゲッターロボなど、強制的に乗り換えて前の機体が破棄されるユニットは改造が引き継がれる仕様になった。, 『0083』はゲーム序盤で地球に帰還するのが遅れるとコウがネモに乗ってトリントン基地を防衛する展開になる。この場合GP01は, 0080、0083共に外伝的扱いのためかパイロット、ユニット共にパッとせず、0083では主人公コウよりもむしろ敵であるガトーのほうがイベントが豊富で優遇されている。ガトーは原作では一貫して敵であるにもかかわらず、ガンダムパイロットであるためか本作含めシリーズでは仲間になることも多い。, コン・バトラーVとライディーンは、原作再現イベントは初登場のマップだけで済まされている。敵のガルーダ将軍はパッケージイラストにも出ているのだが。, 本作は、複数のユニットが合体するとメインパイロットの精神しか使用できないため、コン・バトラーのサブパイロットたちの出番がほとんどない。これにより、ちずると小介が使える補給が全く無意味な物に。, また、コン・バトラーVは最も武器の種類が多いものの弾数が1発しかなかったり射程が中途半端な物が多く性能的にもいまひとつ。中でも最強武器である「超電磁スピン」の消費ENが200と異様に高く、ENを改造すれば威力+400で続けて3回撃てるダイターン3の「サンアタック」に完全に株を奪われてしまっている。, ライディーンは地形適応の関係で宇宙では今一つ性能を発揮できない事に加え、パイロットの洸が熱血を覚えないのでスーパー系にしては些かパンチ力に欠ける。ただ遠距離武装である「ゴッドゴーガン」が射程も弾数もそこそこなので、雑魚~中堅クラスの機体掃討に向いている。, ダイターン3に至っては敵勢力が誰1人登場せず、「いるだけ参戦」となっている。一応、終盤はルート次第でオリジナルキャラとのイベントがある。, ただダイターン3は後のシリーズでも敵であるメガノイドが登場しないことが多い。主人公の万丈自体はストーリーに多く絡むので空気にはならないが。, 初出演となったグレートマジンガーの剣鉄也と炎ジュンも、原作再現イベントは皆無の「いるだけ参戦」。, また、能力は高いが何故か宇宙での適正が低い為、後半は宇宙戦がメインになることもあってマリアやひかるにパイロットの座を奪われてしまうことも。EXではこれがネタにされている。, なお前作は甲児がマジンガーZから乗り換えだったため登場できなかったことに批判が多かったからか、鉄也加入時の会話で「前回、鉄也さんが出てこないせいで、オレにもんくいうやつが、いっぱいいたんだぜ。オレだって(原作でも)一度はグレートにのったことあるのによ! 総ページ数74362020-11-14 20:16:10 (Sat), 本項ではスーパーファミコン版『第3次スーパーロボット大戦』について解説する。 昨日 - 概要 『スーパーロボット大戦』シリーズの3作目にあたり、スパロボの基礎を築いた『第2次』からストーリーの繋がる続編である。 前大戦でビアン博士の危惧した通り、後にインスペクターと称される異星人による地球侵攻が勃発、それにdc残党も交えた三つ巴の戦いを描いている。 ョナルジャãƒ, スーパーロボット大戦COMPACT for WonderSwanColor, スーパーロボット大戦COMPACT2 第1部:地上激動篇, スーパーロボット大戦COMPACT2 第2部:宇宙激震篇, スーパーロボット大戦COMPACT2 第3部:銀河決戦篇.

チャレンジタッチ 色 選べない 17, バルミューダ スピーカー テレビ 6, 耳掛けイヤホン Bluetooth ノイズキャンセリング 5, Bmw Id4 To Id5 11, 仙台 歴史 人物 8, 荒野行動 セダン スキン 上書き 11, Slack 連携 タスク管理 4,