d780 d750 買い替え 12

床ずれするほど待った後継機! ニコンの小型フルサイズデジタル一眼「d780」が1月24日発売 #ces2020. 3 点 ‚éƒtƒH[ƒJƒXƒ|ƒCƒ“ƒg273“_‚́uƒnƒCƒuƒŠƒbƒhAFƒVƒXƒeƒ€v‚ðÌ—p‚µ‚Ä‚¢‚éB, ƒVƒƒƒbƒ^[ƒXƒs[ƒh5.0’i•ª‚̕␳Œø‰Ê‚ª“¾‚ç‚ê‚éƒ{ƒfƒB“àŽèƒuƒŒ•â³‚𓋍ځB20Ží—ނ́uCreative Picture Controlv‚Ŏʐ^‚â“®‰æ‚̈óÛ‚𒲐®‚Å‚«‚éB. 本日ニコンから、35mmフルサイズデジタル一眼レフ「D780」が発表されました! Zシリーズ譲りのライブビュー撮影機能に、D5をベースにしたAF性能を搭載した今風な一眼レフに仕上がっています。発売は1月24日、市場想定価格は27万5000円(税込)です。, ニコンのフルサイズ一眼レフのなかでも、お手軽で使いやすい機種として人気があるのが「D750」です。D850ラインの弟分に当たる機種で、フルサイズデジイチとしては小型軽量、2432万画素の使いやすい画素数、高感度耐性にも優れており、愛用している人も多い機種。僕も長年メインカメラとして使っています。, しかしこのD750、2014年発売以来まったく後継機種の噂がありませんでした。別にD750に大きな不満があるわけではないのですが、これだけ音沙汰がないとちょっと心配になってしまいます。もう、ニコンはD700番台は作らないのか…、Zシリーズへ移行してよねというメッセージなのか…。そんなことを考え、食事も1日に3回しか喉を通らない日々を過ごしてきました。, そんなところに登場した後継機種が、このD780! もう待ちすぎて床ずれしちゃうところでしたよ! では、どんな風に仕上がっているのか、見ていきましょう。, D780には、有効画素数2450万画素のニコンFXフォーマットCMOSを搭載。画像処理エンジンはEXPEED6へ。常用ISO感度は100-51200。拡張設定で最大2段分、ISO 204800相当まで増感できます。AF方式は、ファインダー撮影時がTTL位相差検出方式、ライブビュー撮影時が位相差AF/コントラストAFです。そして、静止画だけですがライブビュー撮影時の瞳AFにも対応しています。, 画素数こそそれほど変わりませんが、画像処理エンジンは2世代進化しています。連写性能および連続撮影枚数性能に関してはアップしています。, D750を使っていて、バッファフルまでが早いなと感じていたので、連続撮影枚数がアップしてくれたのは素直に喜ばしいと感じました。また、ライブビュー撮影時の性能にも期待。正直、D750のライブビュー撮影はそれほどいいものではありませんでしたし。, また、D750では最大1/4000秒だったシャッタースピードが、D780では最大1/8000秒になっているのが地味にいいなと思いました。, もうひとつ、フル充電のバッテリーを使用しての撮影可能枚数が大幅にアップ。D750では約1,230枚でしたが、D780では約2,260枚と約2倍になっています。, 約7コマ/秒動画に関しては、4K UHD(3840x2160)/30pでの撮影に対応。また、カメラ内タイムラプス動画撮影が可能です。なお、フルHD画質で約120コマ/秒の超高速連続撮影にも対応。スローモーション動画などの撮影にも使えそうです。, 加えて電子手ぶれ補正や、AF追従速度の調整に対応。ゆっくりとAFを合わせるといったことが可能となります。動画撮影機能も結構充実しています。, ボディに関してですが、見た目がD750とは異なっています。D850の両側をそぎ落としたようなデザイン。マグネシウム合金を使ったモノコックデザインはD750と同じなのですが、印象は違います。重量はバッテリー、SDカード込みで約840g。これはD750と変わりません。, 記録媒体はSDカード、そしてデュアルスロット仕様です。データのエラーを出さないためにもデュアルスロットは安心感がありますね。D7500ではシングルスロットだったのでちょっと心配していたのですが、一安心です。, ファインダーは視野率100%、倍率は0.7倍。そして、USB-C端子を搭載。パソコンなどと接続してファイルの転送ができるほか、充電にも対応しています。ただしPDには非対応となっています。, 背面液晶はタッチセンサー搭載のチルト式3.2型TFT液晶モニター。画素数が約236万ドットとD750よりも高画素になっているので、撮影した写真の確認やライブビュー撮影時のファインダーとしての視認率もよくなっています。, 「もうダメかも…」と思っていたD750ユーザーにとって、このD780は待ちに待った機種。しかも、D750でのウイークポイントであった連続撮影枚数やライブビュー関連をきちんと進化させてきたのは素晴らしいと感じました。, 特にAF性能に関しては、D5のアルゴリズムをベースにチューニングしているということで、かなり期待できそう。D750は動きものにはあまり向かないと言われてきましたが、これでオールマイティに活躍できることでしょう。, 上を見ればD850がありますが、画素数も価格もかなりハイスペック。あそこまでは必要ないけれど、フルサイズでいい写真を撮りたいニーズにピッタリな機種と言えます。, また、ライブビュー時のAF性能の進化を見るに、Zシリーズのいいところをかなり取り入れている模様。デジタル一眼レフとミラーレスのハイブリッドなカメラと言ってもいいでしょう。要は、幅広い人が満足できるカメラじゃないかっていうことです!, 2020年1月7日 21:00訂正:初出時「D750ではシングルスロットだったのでちょっと心配していたのですが、一安心です。」としていましたが、正しくはD7500でした。お詫びして訂正いたします。. ニコンから35mmフルサイズデジタル一眼レフ「D780」が2020年1月24日に発売されると発表がありました。市場想定価格は27万円前後と想定されます。今回の記事では「D780」の特徴と現行機種「D750」と比較します! d750はフルサイズセンサーを搭載した一眼レフ。 aps-cのカメラよりも、単純に画質が良い! 私はd5300からd750に買い替え、 その画質の良さには感動しました。 d750はフルサイズセンサーを搭載した一眼レフ。 aps-cのカメラよりも、単純に画質が良い! 私はd5300からd750に買い替え、 その画質の良さには感動しました。 ニコンから35mmフルサイズデジタル一眼レフ「D780」が2020年1月24日に発売されると発表がありました。, 「D750」からAFシステムをさらに強化し、ファインダー撮影時のAF性能が大きく向上。, 「D5」のAFアルゴリズムを「D780」用に最適化して搭載したことにより、「オートエリアAF」時の被写体検出性能が上がり、狙った被写体をより高精度に捉えます。, また、画像処理エンジン「EXPEED 6」の高い演算能力により、180KピクセルRGBセンサーを用いたアドバンストシーン認識システムが進化。, 撮影シーンや被写体をより詳細に解析できるようになり、「3D-トラッキング」の動体追尾性能が向上しています。, 像面位相差AFとコントラストAFを状況に応じて自動的に切り換えるハイブリッドAFシステムが、撮像範囲の水平、垂直約90%の広範囲をフォーカスポイント273点でカバー。, さらに、静止画撮影のオートエリアAF時には、人物が動いている場合でも瞳を正確に認識してピントを合わせられる「瞳AF」に対応。, ポートレート撮影などで、瞳にしっかりとピントの合った写真を撮影できるため、構図に集中しながら快適に撮影ができます。, また、動画撮影時のAF速度※、追従感度の調整もでき、撮影意図に合わせたスムーズなピント合わせが可能です。, 有効画素数2450万画素、裏面照射型CMOSセンサーと、画像処理エンジン「EXPEED 6」の採用により、常用ISO感度100~51200の広い常用感度域を実現。, また、動画撮影はフルフレームでの4K UHD/30pだけでなく、フルHD/120pの動画撮影も可能です。, さらに、10bitでのHDMI出力時には、HLG方式のHDR動画が撮影でき、カラーグレーディング無しで明暗差のあるシーンでもディテールまで階調豊かな美しい映像が得られます。, ファインダー撮影時、ライブビュー撮影時ともに最高約7コマ/秒での快適な高速連続撮影が可能。, かつ、バッファーメモリーの大容量化で、データサイズの大きい14ビットロスレス圧縮RAWでも「D750」の約4倍となる約68コマの連続撮影ができるため、シャッターチャンスを逃しません。, シャッタースピードは1/8000秒~最長900秒までの幅広い露光時間の設定が可能。, 動きの速い被写体の撮影や、太陽が明るい日中の屋外での撮影でも、1/8000秒と組み合わせることで、大口径レンズの開放絞りを活かした印象的なポートレート撮影ができます。, また、撮影モードがMのときカスタムメニューで最長900秒まで設定できるので、天体撮影などの長時間露光撮影にも最適です。, さらに、自動で4倍と5倍のスローモーション動画を撮影できる「スローモーション動画」機能を搭載しているほか、10bitでのHDMI出力時には、ニコン独自の「N-Log」が使用できるなど、ユーザーのニーズに応える高い動画撮影機能も搭載しています。, カメラボディーは、カメラ上面と背面カバーにマグネシウム合金を採用したモノコック構造で、高い剛性と耐久性を達成しながらも軽量ボディーを実現しています。, また、使いやすさに配慮したボタン配置と、指がかりの良い握りやすいグリップで操作性を向上しています。, 低消費電力設計で1回の充電で約2260コマ(CIPA規格準拠)の撮影に対応し、長時間の撮影にも安心して使用できます。, また、画像モニターには「ニコンD850」(2017年9月発売)同等のチルト式3.2型約236万ドット画像モニターを採用。タッチパネルで多彩な操作も可能です。, 現在のトレンドである「瞳AF」などのAF系の進化、動画の「4K」対応、バッファーメモリーの大容量化による「約68コマの連続撮影」など「D750」の古くなってしまった部分をアップデートしています。, イメージセンサーはスペック的には大きな違いはありませんが、発売から5年の月日が経っているので性能は段違いのはずです。, あわせて、映像エンジンの進化も大きいので出力される画質は、かなり期待してもいいと思います。, 他メーカーのユーザーは、「D780」というカメラがあるんだという認識くらいでいいと思います。, ニコン「D780」発売決定!プロ写真家が「D750」との違いをピックアップして比較。. Camera:D780 Lens: SIGMA 50mm DG HSM SS:1/1600 F:1.4 ISO:100 2015年にD7000、2017年にD750 を購入し、来る2020年1月24日わざわざ仕事を休んで購入してきましたD780‼ 私はライブとイベントも撮影していて2台目のD750が欲しいと考えていたと…

Toto ユニットバス 床 交換, エアコン リサイクル 回収, お弁当 バナナ そのまま, Crown レッスン5 Comprehension, リップクリーム プレゼント 3000円, 彼氏 返信遅い 冷めた, リコー プリンター 洗浄液,