teraterm マクロ シェル実行 6

ただ、このあたりはそれぞれに考え方がありますので、自分に合ったやり方(あるいは、自分の所属する組織で定められたやり方)でやればいいと思います。, Excelからコピーするときに、セルの中の文字列をコピーしているのではなく、セル全体をコピーしていませんか?ならば、セルの中の見えない空白がコピーされている可能性があります。他の方も指摘されているように、全角文字になっていることも考えられます。 strcompareコマンドで比較→変数resultで判定 コマンドのオプション等もなく困っています。 でverに入ります。, 同じような質問をさせて頂きます。 ご存知の方がいらっしゃいましたら、是非教えて下さい。, そんなあなたに: strcompare elseif 戻り値 = 1 then http://ttssh2.sourceforge.jp/manual/ja/macro/command/scprecv.html, hostname = "100.100.100.100" よろしくお願いします。, bashをご使用と判断して connectのオプションに/Iをつけてください。, If文を用いて、文字列同士が同じかを確かめたいのですが scprecvコマンドによってファイルをローカルにコピーしています。 ; ファイルの作成場所を移動 この二つの変数の間に、空白または_(アンダーバー)を一つ入れて ---------------------------------------------------------- inputbox '該当のインターフェースを入力してください。''input interface' あるいは "にてシェルのリターンコードを確認するマクロを作成しています。しかし、シェルの終了に時間がかかるためか、コマンドプロンプトが戻ってくるのを確認せずに"echo $? if inputstr = 0 then ←syntax errorになります。 wait '=== EXIT STATUS === : ' ; フォルダーが存在していなければ作成する str2int 変数 intputstr で変数に数値化→if 変数=0 等と判定 マクロ側のexitでマクロを終了します。, TeraTermマクロでは変数を使用できます。  ○○ hensu=inputstr ←Type mismatch.のエラーになる。 直前にstr2intを入れたりしても駄目でした。 http://ttssh2.sourceforge.jp/manual/ja/macro/command/strcompare.html pause 1  sendln 'exit' sendln 'command' ←例えばその後、OKならコマンドを実行。 USBシリアルポートで対象機器と接続している際に、文字の欠落を経験したことはあります。これは、USBシリアルポートのドライバの問題だと思うのですが、解決策は知りません。レガシーなシリアルポートを使う、くらいですかね。 で]$を待っていますが、シェルの実行中に、この]$がでてないか確認して下さい。 getdate LOG_FILE "調査_%Y%m%d-%H%M%S.txt" パスワード変更に対応してみよう に getdirコマンドを使ってログを任意の場所に保存 | ゼロから始めるTera Termマクロ より; 5.2. この変数は直接サーバでは使えませんが、シェルの変数として設定すればコマンドの内容も可変にできます。, sprintf2でフォーマットした文字列を変数に設定します。 後ろの数字は、1つ目がバイナリフラグ、2つ目が追記フラグです: sendlnの後ろのシングルクォートで囲んだコマンドが実行されます。 宜しくお願い致します。, 「マクロ windows」に関するQ&A: エクセルのマクロでwindowsのメッセージを表示させない方法, お返事遅くなりすみません。 yesnobox inputstr 'のインターフェースで良いですか?' 以下略 logopenでログの記録を開始します。ログファイルパスはフルパス指定の方がよいです。(ファイル名だけだと既定のディレクトリに出力される) wait Prompt ざっくり以下のようなマクロを組んでいます。 elseif 戻り値 = 1 then windowsサーバーで、wwwあり・なしの統一はできるのでしょうか?iisを使用しています。また、複数のサイトを運営しています。. を入れてみてはどうでしょうか。(1秒間停止してつぎへ進みます) http://ttssh2.sourceforge.jp/manual/ja/macro/syntax/variables.html 上記の「戻り値」をどのようにすれば戻り値で判別してくれるでしょうか。 確実にやるなら、目印を付けてwaitでそこまで待つ、というのがいい思います end ローカルファイル名を指定する ざっくり以下のようなマクロを組んでいます。 By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away. ]$ ---------------------------------------------------------- そのため、ログを綺麗にとる場合はmpauseで数秒コマンド送信を遅らせるとよいです。, 通常通り、ログインシェルを終了すればターミナルも終了します。 09:19:00.302748000 do 09:18:56.929345000 上記の「戻り値」をどのようにすれば戻り値で判別してくれるでしょうか。 Teratermで各サーバやNW機器の情報取得するとき、マクロでサクッと取りたいときってあると思います。 そんなときネットで検索しても凝ったものが多くて 「いやそこまではいいよ! もっとシンプルでいい!!」と思うことがあったり。 そして調べて作ったのはいいけど、そんな作る頻度多いわけではないのですぐ忘れちゃうのも悲しいところ。 なので、必要最低限の知識で作れるマクロの紹介です。 同名ファイルが存在する場合は、常に上書きでかまいません。 #!/bin/bash Windows向けのターミナルエミュレータ「Tera Term」(テラターム)には強力なマクロ機能が搭載されており、これを利用することでネットワーク経由でマシンを自動操作したり、管理情報を取得する、といったことが可能だ。本記事ではいくつかのサンプルとともにTera Termマクロの基本的な使い方を紹介する。, Tera Termのマクロ機能を紹介する前に、簡単にTera Termについて紹介をしておこう。Tera Termはオープンソースで開発されているWindows向けのターミナルエミュレータ(端末エミュレータ)だ。かつてはTelnetクライアントやCOMポート経由でのシリアル接続機能を備えた無償のターミナルエミュレータとして有名だったが、1998年にいったん開発が中断された後にオープンソース化され、現在ではSSHクライアント機能やCygwinとの連携機能、UTF-8対応などが追加されている。なお、Tera Termの詳しい紹介やインストール方法、基本的な使い方、Cygwinとの連携方法などについては『Windows用定番SSHクライアント「Tera Term」の使い方』という記事でまとめられているので、こちらも参照していただきたい。, さて、Tera Termにはマクロ機能が搭載されており、リモートログインを自動化したり、ネットワーク経由でUNIX/Linuxサーバーなどを自動操作することができる。本記事ではこのマクロ機能の概要を紹介するとともに、まずは自動ログイン/自動多段ログインを行うマクロを紹介する。これらをうまく利用することで、日々の作業効率を大幅にアップできるのではないだろうか。, Tera Termのマクロを利用したい場合、Tera Termのマクロファイル(拡張子は「.ttl」)とTera Termのマクロ実行エンジン「ttpmacro.exe」を関連付けておくことで、.ttlファイルをダブルクリックするだけでマクロを実行できるようになる(図1)。これはTera Termのインストーラで設定できるが、デフォルトでは関連付けを行わない設定になっている(図2)。すでにTera Termをインストールしている環境では再度インストーラを実行するか、エクスプローラの設定で関連付けを行っておこう。, Tera Term用のマクロ言語は「Tera Term Language(TTL)」と呼ばれている。文法や利用できるコマンドの一覧についてはドキュメントを参照してほしいが、基本的には処理したいコマンドを1行に1つづつ順番に記述していく、というものになっている。もちろん変数も利用可能だ。, TTLはさまざまなコマンドや制御構文を備えているが、まず覚えておきたいのが変数の代入と文字列の連結だ。変数への代入は、「<変数名> = <値>」という形で行える。なお、文字列を代入する場合は文字列を「”」もしくは「’」で囲む必要がある。, たとえば変数var1に「hogehoge」という文字列を、変数var2には12345という数値をセットするには、以下のようにする。, TTLではifやfor、whileなど、条件分岐やループを行う制御コマンドが用意されている。詳しくはTTLコマンドリファレンスを参照して欲しいが、よく使われると思うものは以下のとおりだ。, TTLでは、ifコマンドで条件分岐を行える。ifの後に続く条件式が真(0以外)なら、続くendifの間までに記述されたコマンドが実行される。また、elseifを使ってさらに条件分岐を行ったり、elseで条件が偽の場合の処理も記述できる。使用例は以下のとおりだ。, forコマンドは、C言語スタイルのforループを実装するコマンドである。forコマンドは制御変数、初期値、終了値という3つの引数を取る。, forのほか、whileによるループも使用可能だ。whileに続く条件式が真の間、endwhileまでの処理を繰り返す。, TTLではユーザーが独自のコマンドを実装する機構は用意されていないが、ラベルとcall/returnコマンドを用いることで、サブルーチンを用意できる。callコマンドはgotoコマンドと同様に指定したラベルにジャンプするものだが、ジャンプ後にreturnコマンドを実行することで、callを呼び出した次の行に再度制御を移すことが可能な点が異なる。, TTLでは多くのコマンドが用意されているが、最後によく利用されると思われるコマンドを紹介しておこう(表1)。詳細についてはTTLコマンドリファレンスを参照して欲しい。, Tera Termには、サンプルとしていくつかのマクロファイルが付属しており、Tera Term本体と同じフォルダにインストールされる。まずはこれらのサンプルの紹介もかねて、telnetやSSHを利用してリモートログインを自動的に行うマクロを紹介しよう。, Tera Term付属の「ssh2login.ttl」は、Tera Termに付属するサンプルマクロの1つで、SSHを使って指定したサーバーに自動接続するマクロだ。内容は以下のリスト1のようになっている。, このスクリプトを適当な名前でコピーし、「username」および「hostname」の部分を接続に使用するユーザー名と接続するサーバーに書き換えて実行するとパスワードを入力するダイアログが表示される(図3)。ここでパスワードを入力して「OK」をクリックすると、指定したユーザー名でログインが行われる。, なお、このマクロでは平文でパスワードを送信する設定になっているが、SSHサーバーの設定によっては平文パスワードでのログインが行えない場合もある。その場合はチャレンジ&レスポンス認証、もしくは公開鍵を使用した認証を利用するよう、上記のマクロを次のリスト2やリスト3のように書き換えればよい。, これらのマクロでは、セキュリティの観点から接続時に毎回パスワード/パスフレーズを入力させる仕様になっているが、毎回パスワードを入力するのを面倒に感じる人もいるだろう。次のリスト4、5は入力したパスワードを保存しておき、2回目以降はそれを利用してパスワード入力なしにログインを行うマクロだ。これらのマクロを実行すると、初回実行時のみパスワード/パスフレーズの入力が求められ、入力されたパスワード/パスフレーズを指定したパスワードファイルに暗号化して保存する。2回目以降に実行した場合は保存しておいたパスワードを使用して自動的にログインが行われる。, パスワードが暗号化されているとはいえ解読される可能性もあるため、このファイルは不特定多数がアクセスできないように設定しておこう。また、もしパスワードを間違えて入力した場合はこのファイルを削除するか、<ユーザー名>@<ホスト名>の行を削除して再度マクロを実行すればよい。, リスト4 チャレンジ&レスポンス認証を使用してリモートログインを行うマクロ(パスワード保存版), Tera Termには、ターミナルに表示された内容をそのままテキストファイルに保存するログ機能がある。TerTermの起動後、メニューの「ファイル」−「ログ」でログを保存するファイル名を指定してログ記録を開始できる(図4)が、接続後に毎回自動的に記録を行うようにマクロを設定しておくと便利だ。, ログインと同時にログの記録を開始するには、先に紹介したマクロの「connect msg」行の後に、次のリスト6のような内容を追加すればよい。これは、指定したディレクトリ以下に「<ユーザー名>@<ホスト名>-<日時>.log」という形式でログを保存するものだ。, ネットワーク環境によっては、あるサーバー(中継サーバー)にSSHでログインし、さらにそのサーバーから別のサーバーにログインする、という作業が必要な場合がある。このような場合、中継サーバーへのログインと、そこから目的のサーバーへのログインを自動で行うようにマクロを用意すると便利だ。たとえば、上記で紹介している自動接続マクロの最後に次のリスト7のマクロを追加すればよい。, たとえば、リスト4にこのマクロを追加したものを実行すると、Tera Termの起動後にまず中継サーバーへのSSH接続が行われ、続いて目的のサーバーへの接続が行われてパスフレーズ(もしくはパスワード。環境によって異なる)が要求される(図5)。, また、リスト7の代わりにリスト8のようなマクロを利用することで、2回目以降はパスワードの入力を行わずに目的のサーバーへのログインが可能になる。, リスト8 リモートホストへの接続語、自動的に別のホストにSSH接続するマクロ(自動ログイン版), オープンソースソフトウェアで強化するWindowsデスクトップ(2):マニアックなカスタマイズ/メンテナンスツール, Webブラウザ上で動作するターミナルエミュレータ「Gate One 1.1」リリース, 指定した文字列を送信する。整数が指定された場合はその下位バイトをASCIIコードと見なして対応する文字を送信する, 指定したファイルにログを記録する。バイナリフラグが0の場合、改行文字は変換され、エスケープシーケンスは無視される。1の場合、ホストから送信された内容がそのままログに記録される。追加フラグは0なら既存のファイルに追加、1ならファイルを新規作成して上書き, 正規表現マッチを行い、マッチすればシステム変数resultに1を、そうでなければ0をセットする, 「:」から始まる行はラベルとなる。ラベルは「goto」や「call」コマンドなどで使われる, 変数名の1文字目はアルファベット(A〜Z、a〜z)および「_」。2文字以降はこれに加えて数字も利用可能。変数名の最大長は32文字, 利用できる演算子はC言語とほぼ同じ。ただし、「=」は比較にも利用できる(演算子「==」と同義).

De 速 大和 Fa 4, Apnタイプ Ia 意味 5, 大正時代 手紙 書き方 11, Bye By Me 意味 17, 鬼滅の刃 夢小説 幼女 24, ジョー アルウィン 俳優 4, ドラゴンズドグマ Switch 操作方法 4, Do You と Would You の違い 5, 危険物 輸送 西濃 8, Pc タスクバー 反応しない 5, ヤマト 送り状 印刷 フリーソフト 6, コンフィデンスマン モナコ いつから 48, あな 吉 手帳やることシート カテゴリ 4, あつ森 住人 服 戻す 4, レガシィ B4 Be5 7, 新日本プロレス リング Youtube 4, Ar 163fgn ドライバ 11, Back Number Nyaa 16, Jabra Speak 750 710 違い 7, ポケ森 パートナー 仲良し度 5, ワイヤー シンブル 使い方 15, Iphone ヘッドホン 通話できない 4, セレナ 純正スピーカー 音質 9, 猫 二匹目 ケージ 5,